疑問

GW真っ只中ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

僕は5/1、2も会社が休みなので9連休!…かと思いきや、アフィリの作業は休みなし!休んでる余裕ありません…。

早くアフィリで稼いで南の島でのんびりしたいです。金持ちのバカンス = 南の島、という…、安易というか発想が貧祖というか…。

さて、とみたさんアフィリエイトブログ「らくがき」で公開してくださっている情報を参考にさせて頂き、“とみた式のまねごと”をさせて頂いておりますが、その実践も4月で4ヶ月目が完了しました。

とみた式実践の4ヶ月目の報告いきます!

4月の振り返り

今月は前置きなしで、結果を報告しますね。

まず、とみた式の実践サイト(僕のサイト)はこれです。
【SIMフリー ファミリー】 家族のスマホ代を格安に!家計にお得な料金プラン♪

 
 

実践4ヶ月目のベンチーマーク(とみたさんのサイトの数値)はこちら。

4月の目標

  • PV:14,174
  • セッション:9,934
  • 記事更新:0

 
 

この目標に対する4月の実績がこちらになります。

4月のグラフ

前回の報告の際にgoogleのデータはあまり出さない方がいいとのアドバイスを頂きましたのでグラフのみにします。
(と言いつつ、以下の報告でgoogleの情報を出してしまっていますが…)

4月の結果

  • PV:2,233
  • セッション:1,651
  • 記事更新:28

4月の実践前から予想はしていましたが結果は惨敗ですね。とみたさんのサイトは4ヶ月目はサイトの評価が上がりPVが大きく伸びていますが、僕のサイトはまだまだサイトの評価が上がる気配がありません。

差

 

惨敗…。

 

惨敗

check!

PDCA

とみたさんがサイトに公開して下さっている情報(数値など)を追いかけたら同じ結果が得られるか?の検証は4ヶ月目にして結果が大きく乖離しました。

であれば、しっかり原因を考えましょう。

原因①:googleのアルゴリズム

とみたさんのサイト公開は”2015年2月”。一方、僕のサイト公開は”2017年1月(正確には2016年12月ですが)”。約2年の差があり、その間にgoogleのアルゴリズムも変わっていると思われます。

原因②:ジャンル

検索順位の評価は僕が今更言うまでもなく相対評価なので、ライバルサイトの状況によって自サイトの評価が変わってきます。取り扱うジャンルが違えばライバルサイトが変りますので同じ施策を行っても同じ結果が得られるとは限りません。

サイトのテーマを決めた経緯
レッドオーシャンの第一線でガツガツ戦うのは性に合わず、この辺のテーマは候補にあがりませんでした。

ただ、あれこれ同時進行でこなせるほど器用でもないので、1つのサイトである程度の結果が出せるよう、市場規模が大きいことは意識しました。

今も1つのサイトしかやっていませんが、テーマの抽象度は高めです。

例えば、ウォーターサーバーをズバリ扱うのではなく、育児をテーマにウォーターサーバもそうですし、ノンカフェインのコーヒー、産後のダイエット、学資保険など幅広く取り上げるイメージですかね?

僕は”格安SIM”をテーマとしていますが、とみたさんは単一テーマではなくもっと幅広くテーマを扱うイメージなので多分、全然違うジャンルなのだと思います。

原因③:被リンク

「ブラックハット」と「ホワイトハット」という2つで分けるなら、僕のやり方はホワイトハットに近いと思います。

昔に作ったサイトが1つだけ残っていたので、途中そちらからリンクを貼ったこともありますが、特に効果を感じることもなく、すぐに外しました。

自演リンクなしでやってる部分は同じですが、被リンクの数が違うのはと想像しています。というのは…。

そうして上位サイトの被リンクを見ていることで、自演リンクは方法の1つでしかなく、戦略的に被リンクを集めればよいと気づき、奇しくもそれは自然とやっていたことだったので、まずはその方法を強化することにしました。

もちろん、中にははてぶを付けてもらったり、広告を打っていた記事がブログで紹介される機会もあったので、まったくもって無意味だったとは思っていませんが、具体的なところは分からないので今回は取り上げません。

とみたさんの上記のような記載内容を見るとサイト公開から3〜4ヶ月目の時点である程度も被リンクを得られていたのではないかと思います。一方、僕のサイトは、

被リンク

と、ほとんどが自分で付けてるリンクです。あくまで予想ですが、被リンクの数が圧倒的に足りていないのではないかと思います。

action!

上記の原因予測に対する対策です。

原因①:googleのアルゴリズムに対する対策

評価を早める(だろう)ために4月にやった(被リンク以外の)施策です。

  • コンテンツ量を増やす
  • 発リンンクを増やす
  • 内部リンクを増やす

コンテンツ量を増やす

とみたさんのサイトと同じ記事ボリューム、記事数で投稿していけば同じ頃に評価が得られるのでは?という検証は崩れ去ったので、とにかくコンテンツ量を増やすことを急ぎました。

ひつじさんアフィリエイトブログ「ひつじ アフィリエイト」にこんな記載があります。

最初は120記事書いたところでようやく成果が上がってきているのが分かるかと思います。僕の場合はTwitterで拡散したりしていたこともあり120記事書くうちにドメインの力がかなりついてきていましたので、そこから急激に収益が伸びました。

ホワイトでいくなら、100記事は書かないとなかなか成果は出ないかもしれないね。
しかし裏を返すと、30〜50記事くらいではビクともしなかったので、ホワイトハットでやるなら最低でも100記事はいるだろうなと思います。ニッチジャンルを攻める場合などは30記事でも上がったりするんでしょうけど、激戦ジャンルになってくるとバックリンクなしでは30記事程度ではまず上がりませんからね。ブラックハットSEOに頼らない人は、素直に記事を書きましょう。

ひつじさんですら30〜50記事ではビクともせずに、100〜120記事は必要とのことです。格安SIMがどの程度の激戦なのか分かっていませんが、ニッチなジャンルではないと思います。ライバルに負けない程度のコンテンツ量がないとなかなか厳しいと思いました。

僕のサイトは3月末時点で27記事でしたが、4月は28記事追加して合計55記事にしました。記事のボリュームは5,000〜6,000文字程度の記事が多いです。

当然、この数の記事を全て自分で書くことはできませんので外注さんに依頼をしたのですが…。

僕の3月の報告記事をではこんなことを言ってましたね。

納品して頂いた7名のライターさんのうち、継続して仕事の依頼をさせて頂いている方は今のところ1名のみです。継続依頼での記事作成に関してはテストライティングより条件を付けて依頼をさせて頂き、その分、報酬もアップしています。他のライターさんへの継続依頼に関しては現在、検討中ですが、多くてもあと1、2人だと思います。

継続依頼は1、2名とか言ってますね…。記事数が必要だったので全員に継続依頼をさせて頂きました。

それどころかランサーズさんだけでは足りないのでクラウドワークスさんにまで手を広げて発注をしています。

またもや朝令暮改…。

発リンンクを増やす

発リンクのSEO効果ってよく分からないですが、サイトを訪問してくれた人が必要だろうと思う情報には積極的にリンクを付けるようにしています。主にはMVNO各社の公式ページとかですね。

僕のサイトの離脱率とか滞在時間とか下がってしまう気がしますが、ハブサイトとして評価されないかな、と。

すいません、これは感覚でやっていますので研究の余地は大いにアリだと思います。

内部リンクを増やす

内部リンクの重要性はけっこういろんなところで見るので、これは大切なんだと思っています。

ですので関連記事にはできるだけ丁寧に内部リンクを付けるようにしています。

さくらいさんがちょうど先日、アフィリエイトブログ「ネトビジュ」に内部リンクに関する記事をアップしていました。
=> プラグインに頼らず手動で内部リンク張るのは面倒ですが

適切な内部リンクが評価アップにつながることは間違いないと考えて良さそうです。

ただ目的としているページ、サイトにどう誘導するかという点までは全く考えられていません。

発リンクについても内部リンクについてもサイトの一番の目的の“商品を売る”という観点を持たずに行っています。

アフィリエイトサイトなのにそれはどうなの?

と、感じないことはないのですが…。

でも、まずはアクセスが欲しいんです!

三井

ミッチーの”バスケがしたい”という気持ちに負けないぐらい“アクセスが欲しい”です!!!

原因②:ジャンルに対する対策

ジャンルを変えることはできませんが、同じジャンルの中でも注力する場所を考えています。

大きな格安SIMというジャンルの中に案件はいくつもあります。どの案件というかどの会社(MVNO)に注力すべきか。

サーチコンソールの検索アナリティクスを見て、少しでもアクセスがあるテーマに注力することがアクセス増の近道になるという仮定です。

検索アナリティクス

ですが、その他の会社(MVNO)の記事を全く作成していないということもなく、この中途半端さにリスクを感じています。集中は網羅性とのトレードオフですが、検索アナリティクスを見ながら調整していきます。

あとこれは反省になるかもしれませんが、

あとはある程度インパクトのある結果を出したかったことから、市場規模が大きめのテーマを選び、ありがちなところは避けながらサイトコンセプトを決め、前もってライターさんへお願いしたり、ドメインの取得なども事前に済ませました。

さらっと書きましたが、参入前に勝てる見込みやその道筋をある程度考えておいたことで、迷いながらも諦めることなく続けることができました。
もし次にサイトを作るとしても、ここに多くの時間をかけると思うぐらい重要なところです。

とみたさんは事前の調査が万全ですが、僕はここまで熟考してテーマ選定ができていませんでした。

次に取り組むサイトのテーマはもう少し考えて決めないとアカんですね。
(ただし考えたら勝てる見込みのあるテーマを選べるかというと…、自信ないです)

原因③:被リンクに対する対策

ホワイトでやる場合の被リンクの対策はとみたさんのこちらの記事が大変参考になります。

ほぼホワイトハットだけど被リンクは意識
「ブラックハット」と「ホワイトハット」という2つで分けるなら、僕のやり方はホワイトハットに近いと思います。

昔に作ったサイトが1つだけ残っていたので、途中そちらからリンクを貼ったこともありますが、特に効果を感じることもなく、すぐに外しました。

この記事でとみたさんは4つのポイントを挙げてくださっています。

  1. 内容の濃さに意識を向ける
  2. 扱うキーワードとその目的
  3. ソーシャルリンクを意図的に集める
  4. 純広告からの被リンク

内容の濃さに意識を向ける

内容の濃さという点で真っ先に思い浮かぶのはやはり記事の内容が1次情報であること。そしてそれが僕しか知らない情報であれば濃い記事になりますよね。まぁ、自分しか知らない情報というのはそうそうないので難しいですが、”体験談”はそれに近い価値があるのではないでしょうか。

僕が取り組む格安SIMの記事であれば乗り換えを検討している人は、実際に使っているユーザーの利用レビューは気になるのではないでしょうか。なので、僕が実際に利用しているmineoの利用レビューを記事にしています。これは誰でもまずやりますよね。

あとは自分が使っていない商品のレビューですが、格安SIMは自分で何社も契約してレビューするには時間もお金もかかります。なので、ランサーズ、クラウドワークスで格安SIMを実際に使っていてレビュー記事を書いてくれる人を探し依頼しました。これでそこそこの数の記事は集まります。

この方法で記事は集まるのですが、レビュー記事に限らず外注さんに納品して頂いた記事にどの程度、手間をかけてサイトにアップするかはずっと悩み続けています。内容の濃さとはちょっと違うかもしれませんが、記事の見栄えというか雰囲気というか。

僕の場合はだいたい、

  • 最低限の体裁を整える
  • 見出しタグを付ける
  • 必要な場合はtableタグを付ける
  • サイトの雰囲気に合わせるために少しだけキャラアイコンを入れる
  • 必要な発リンクを付ける
  • 必要な内部リンクを付ける
  • アイキャッチ画像を入れる
  • ディスクリプションを160文字程度書く

ぐらいでサイトにアップしてしまいます。本当はもっとしっかりとこだわって手を加えたいのですが余裕がないのでまずアップします。アクセスが集まるようになった記事から順次、修正しようと思っています…、が。

綺麗で読みやすく、分かりやすい記事だからアクセスが集まるようになるのであって、中途半端にアップした記事にアクセスが集まるのか?と。

う〜ん、難しいですがバランス見ながらやっていきます。

扱うキーワードとその目的

これ自体はなんら変わった考え方でもないと思うのですが、僕の場合はもう1つ、ニュース系や用語解説を意図するキーワードを取り入れています。

カードローンだったら、「利息制限法」とかですかね?

これらのキーワードは、広告のクリック率が明らかに低いのですが、検索上位にアフィリエイトサイトがほとんどないので、被リンクがなくても1ページ目に食い込める割合が高い点が、競合ワードと大きく異なる点です。

中には検索ボリュームが数千のものもありますし、それだけあれば、成約につながることもあります。

また、元々広告の紹介を意図していないだけあって、成約狙いのキーワードよりも自然と被リンクが付きやすい傾向にあります。

とみたさんのこの記事を参考にさせて頂き、僕も商品紹介ではない記事を入れるようにしています。格安SIMのマイナスイメージになるような記事も事実なら載せます。例えばこちらの記事とか。

=> 覚えておきたいMVNOサービスによる消費者問題!通信速度や修理サービスに問題多発?

あとはこちらの記事も参考にさせて頂いております。

ただ、今回はそれをしないとした上で、大切だと考える被リンクを集めるためには、自然にリンクしてもらえる仕組み作りが必要になってきますが、アフィリエイトサイトがリンクを集めにくいことは、サイトを立ち上げる前から想像が付きます。

そこで、紹介しやすい記事も書くということを意識的に行い、「〇〇とは」という用語解説的な記事をいくつか取り入れました。

これは、広告の成約率だけ考えると、まず必要性がないキーワードや記事ですが、うちのサイトの被リンクのほとんどは、これ系のページについています。

僕のサイトの場合は、”MVNOとは”、”格安SIM”とは、などの記事でしょうか。このあたりの記事も増やしたいと思い作成中です。

ソーシャルリンクを意図的に集める

ソーシャルについては、サイトに記事をアップした直後に専用のTwitterアカウントでツイートします。

その後、僕が持っている他のTwitterアカウントでリツイートする場合もありますが、4月はあまりやりませんでした。3月はけっこうリツイートしまくったのですが、他のTwitterアカウントは全て属性が異なるアカウントなので労力の割に効果が少ない気がしています。格安SIMは属性が違ってもそこそこ反応が取れるテーマのような気はしますが、それでも積極的にリツイートを増やそうと思うほどの効果はないと感じています。これも様子見ながらやっていきます。

純広告からの被リンク

4月も細々とですが、Twitter広告を継続しました。

Twitter広告

 

ただ、対象の記事でリンクは得られていません…。

 

記事

リンクを得るのはほんと難しいですね…。

あとこのTwitter広告で出している記事のみアフィリエイトリンクを貼ってみました。アクセスが集まるまでアフィエイトリンクは付けないつもりだったのですが、ちょっと試してみたい気持ちになり方針転換しました。そして試した結果、1件も成約していません…、が。何事もやってみないと分からないので色々やってみます。

 
 

以上がアクセスアップのための対策です。

本当に対策になっているのかも半信半疑で、手探りで行なっているのですが、アクセスアップを目指して継続していきたいと思います。

収支

では、収支報告です。

【参考:とみたさんの収支表】

2015年2月に記事の依頼を開始してから、次のように推移しました。

とみたさんの収支

【僕の収支表】

記事数 記事代 広告費 確定収入 収支累計
2017年1月 0 0円 0円 0円 ※1 0円
2017年2月 0 0円 0円 0円 ※1 0円
2017年3月 7 39,204円 17,296円 0円 ※1 -56,500円
2017年4月 26 146,830円 10,614円 0円 ※2 -213,944円

※1 サイトにアドセンス、アフィリエイトリンクはまだありません。
※2 サイトにアドセンスはなし、アフィリエイトリンクはTwitter広告用の1記事のみ。

とみた式のサイトではないのですが…

“とみた式のまねごと”の実践開始前はダイエットのサイトに力を入れてました。
=> 糖質制限60日間ダイエット!! 短期集中ボディメイク

僕のダイエット成功体験をベースにして作成していたサイトです。とみた式実践開始以降はほぼ放置のサイトなのですが、4月にa8で1件確定しました。

a8確定

過去に発生は2回あったのですが確定したのは今回が初です!3度目の正直で初の確定です(*^^*)

 

人生初の確定!!!やったねヾ(*´∀`*)ノ゛

 

いやいや、a8の初報酬まで長い長い道のりでしたねぇ…(^^;;

5月の予定

5月は実践5ヶ月目になります。とみたさんのサイトの5ヶ月目の数値です。

5ヶ月目

  • PV:24,764
  • セッション:18,110
  • 記事更新:4

5月も1日1日、できることをしっかりと実践していくのみです。

5月の予定

告知:a8フェス(渋谷)の交流会について

6/3(土)にa8フェス in 渋谷がありますね!

皆さん、参加されますか?

僕は前回のフェスで惨敗したので、今回はしっかり回ろうと思っています。

で、その後にアフィリエイター交流会として飲み会をしたいと思っています。
企画とかがあるわけではなく、アフィリエイターさん達と楽しく飲みたいというだけのイベントですがもし参加可能な方がいましたら、僕のTwitterアカウントにでも、このブログのコメントでもご連絡を頂けると嬉しいです!

フェス終了後に渋谷駅近辺の飲み屋で行いたいと思います。詳細は参加者の方に後ほどご連絡させて頂きます。

最後に

僕の実践のどの辺りがとみた式だと思いますか!?(笑)

 

教えて

追記:ありがとうございます<(__)>

いつも温かいコメントありがとうございます!

お名前を勝手に使ってしまって本当に申し訳ありません…<(__)>